NTUシンガポールが早期の疾患予測のための2つのAI主導研究センターを開設

NTUシンガポールのリーコンチアン医科大学は、AIとデータ分析を利用して病気を検出する生物医学情報学センターと認知症研究センターを開設しました。

生物医学情報学センターでは、データの傾向、パターン、異常を検知し、研究者や臨床医がより多くの情報をもとに決定を下せるようにするとのことです。

LKCMedicineのDeanとJosephSung教授は、「既存の認知症に関する文献のほとんどが西側の人口に基づいていることを考えると、医学部が主導する大学にとって、認知症がアジアの人口にどのように影響するかに焦点を当て、このグループに合わせた戦略を開発することは価値がある。認知症に関する国の医療政策と認知症の健康経済学に貢献する」と述べています。

高度なニューラルネットワークを適用してデータセットを学習し、メンタルヘルスにおける危険因子を発見したり、精神障害のリスクがある人の予測をしたりするのが近年トレンドになっています。

出典元: https://www.healthcareitnews.com/news/asia/ntu-singapore-opens-two-new-ai-driven-research-centres-early-disease-prediction